食べ歩き色々

色々な事情で12月はQMA大会もなかなか出られないため、ここ最近食べたものをペタリ。



直、店の名前を詳しく見てないケースもあるので、詳細は
グルメブログではないのでね、食べ歩きは好きですけど。



・ららん藤岡のどこか。(

DSC_7811.jpg

レジャーランド藤岡近くの海鮮丼の店。
QMA藤岡大会後に行ったり、そうでなかったり。
マグロ、いくら丼セット。



・八幡庵

DSC_8722.jpg

安中市と高崎市の境目あたりにある蕎麦屋。
MAX数台の駐車場がいつも満車で、あいてたらラッキーなイメージ。
蕎麦屋だけど、この日は、煮込み肉うどんを。
寒い時期の煮込みうどんはうまい。



・レヴァンテ

DSC_7842.jpg

北江木郵便局隣のイタリアン。
クリームスパと色々。
気兼ねなく入れていいものだ。




・麺屋 州

DSC_9406.jpg

マトリクス前橋の南西に位置する蕎麦屋。
かつてジャンル別魔龍の昼食等でお世話になった場所。
葱の天ぷらは地味にうまい。



次は30日、ひたちなか市のジャムジャム本店に行く予定、ということで。

メル(プリルラ)

今回で46回目となります。
タイトー発のアーケード(PS等にも移植)プリルラよりメルを紹介。
いわゆるベルトスクロールアクション、というジャンルですが、ベルトアクションと言えば、世紀末風貌なギャングを筋骨隆々肉だるまが、プロレス技でへし折りまくるイメージがあるでしょうか。

ですが、プリルラはメルヘンな世界。
男主人公・ザックも女主人公・メルも見た目は、ファンタジー世界に定住する普通の少年少女。
旅する世界もメルヘンなラディッシュランド
ホットコーヒーのように心温まる世界観です。

と言いたい人生でしたよ・・・。





・データ


DSC_8049.jpg



【登場作品】プリルラ
【名前】メル
【武器】魔法の杖
【会社】タイトー






・ストーリー

DSC_8043(1).jpg


舞台は、ラディッシュランド。
そんな国に時間の流れを狂わせる者が現れた。
街に住む発明家のおじいさんは、ザックとメルの2人を呼び、魔法の杖を渡した。
ザックとメルは、ラディッシュランドの平和を守る戦いに出向く。



・ゲーム中の性能



ザック、メル、共に基本的に杖で敵を叩く。
必殺の全体魔法も使うことも。
ステータスもほぼ一緒・・・もリーチ等若干メルの方が長い、ようだ。




・思い入れ


露出の少ない普通の女の子なファッションでたたかうメル。
しぐさもどことなく素朴でかわいらしい。
戦うには、可愛そうな気がするくらいに。

そんなザックとメルが旅する舞台は・・・かわいらしい世界。



DSC_8051.jpg


かわいらしい世界…


DSC_8053(1).jpg


…(^.^)


と、だんだんこんな感じで時計の針が振り切れたようなラディッシュなんちゃらを旅させられます。
因みに、実写で登場しているのは、当時のタイトーの社員だそうです。きっと。
なぜこうなったのだ!
そっか、時計の流れが狂うと、当初のかわいらしい世界観というコンセプトもどっか時の彼方へ放り込まれたのか。

都合でこれだけ(写真はステージ3の序盤です)となりましたが、まだまだステージをすすめると奇抜な演出と珍妙な敵ががメルとザックとプレイヤーに襲い掛かります。
ま、そうだ、こんな奇抜になってしまった世界を救おうと思えば、プレイヤーも時間の流れを忘れてコインを筐体に突っ込んでくれるなんていう、タイトーの時の片隅にいる魔物がささやいたのだろう…そうしよう。

質問箱(あと近況報告)

・質問箱




http://peing.net/shinobulyudeqma




ツイッターで少し話題になっている?質問箱。
出来る限りこたえたいですが、無理なものは無理、ということもあります。

( ・A・)<北朝鮮のミサイル発射における、国際情勢に与える影響ってなにかありますか?




・近況報告


実は、新しい職に就きました。
ま、色々ありましてね。
薬飲んだり、カウンセリング行ったりでした。
以前同様、ある程度の融通は利きそうですが、今月いっぱいは土日の休みは少なそう、ということで、ゲーセン遠征はしばし休戦。
来月の賢竜杯、前日予選には、無事に行けそうです。

ただ、賢竜杯予選に関しては、上を目指す、という気概を持っていくつもり。
ゲームといえどこれだけ時間と金かけてやっているもの。
いつまでも、SG1回戦でおしまいなんて嫌ですよ。



・天丼

DSC_5954.jpg

群馬の与志乃の平日限定天丼と小そば。(648円)
そば屋の天丼うまいです。



posted by サフィア at 21:00Comment(0)日記

リスプ(バウンダリーゲート)

今回は、思い入れの欄にて敢えて少々「ネタバレ」はしています。


45回目、通算で45キャラ目です。
間が開いてしまいましたが、リアルで色々ありまして。
おかげさまで、今までで最大級の待遇をしてもらえそう・・・であります。


さて先日、マイナーなキャラは、推しのグッズねぇ!というリツイートしました。
今回は、そんな非常にマイナーなRPGを紹介。
3D式フィールドを探索するバウンダリーゲート
大きな特徴はストーリー。
ダークなストーリーに加え、ゲームでは取り上げにくい題材を扱っております。
そんなゲームのメインヒロインは、リスプ
ちょっくら、ブサイクかもしれません。(



・データ



IMG_20171206_232813.jpg


【登場作品】バウンダリーゲート(1997、PS、PC-FX)
【名前】リスプ
【武器】剣等
【声優】今井由香
【会社】パックインソフト







・ストーリー


IMG_20171206_233014.jpg

傭兵の仕事を求めて傭兵・フィンは、癒しの王国・モーダルグロウにやってきた。
時に人体を作り直すという王国、だがしかし、仕事は見つからない。
太陽に照らされながらぶらぶら街中を彷徨うと、街中に突如いるはずのないモンスターと遭遇。
倒すうちに夜になり、入れなかったエリアに入ると、モンスターに襲われる白い髪の毛をした少女・リスプと出会う。
他にやることもない、という理由でフィンはリスプを連れていくことになる。



・ゲーム中の性能

DSC_5952.jpg

剣士・フィン、リスプ、女魔法戦士・メリッサ、剛腕のグレイストーンの4人パーティでストーリーを進める。
リスプは、他のRPGの剣士の横にいる女性、という感じで回復・補助魔法が得意。
尚、エンカウントで出現する敵は、ザコ、ボス問わず、すべて1体のみ。
ゲームの攻略は、ラストを除けば、比較的スムーズに進むだろう。




・思い入れ

IMG_20171206_233115.jpg

(以下ネタバレあり、画像なし)

















見てのとおり、リスプは、決して美少女の顔ではない。
また重々しい鎧を装着している。
とはいえ、イベントで見せる憂いを含んだ表情は、惨禍に塗られたストーリーをより引き立てる。
一方で面白いのが、強気なメリッサと剛腕ながら尻に敷かれるグレイストーンの掛け合いなのだが。

笑顔を見せれば素敵かもしれないけど、なかなかそいうい表情をゲーム中に見せない。
というのも、フィンと出会うまでに、人生に影を落とすあることを行っているから。



このゲームのパッケージに描かれる黒髪の少女は、キラルという人物。
実は彼女は、リスプの双子の妹。
しかし、体をよく見たら、その手は義手、体も金属のようなもの。
そして、あるイベントでリスプは重々しい鎧を脱ぐシーンがあるのだが、リスプの体には、手術を施した痛々しい傷跡が。
そう、リスプとキラルは二重胎児
2人を切り離すため、手術を行った結果、リスプはほぼ完全な体となったものの、キラルは体のほとんどを失った。
癒しの国・モーダルグロウ。
それぞれのやり方で二人はなんとか生きてはいる。
しかし、キラルは頭部以外を失い、痛々しい状態で生き続けなければならない。

実際の医療分野でもデリケートな二重胎児フィクションで取り上げるにしても難しい分野だ。
それをこのゲームでは取り上げて作品として昇華しているのだ。


実はバウンダリーゲートは3部作の予定だったが、この1作目のリリース以降、続編のリリースはない。
王国の姉妹のこの後の歩み、フィンの仕事っぷりの続きは残念ながら見ることはできない。
ストーリーを重視するのであれば、やって損は無いだろう。
癒すことで得てしまう痛みを味わえる作品である。

レジャーランド藤江(QMA北陸レジャランカップ)

先日は、北陸に行ってきました。
北陸レジャランカップ、というQMAのSG大会。

まずは、恒例の夜行バス。
多少寝られたか。(休憩時間は気づかない程度に)

午前6:00頃。
金沢駅に。

そして、北西に歩いて30か40分ほどで。

DSC_3742.jpg

レジャーランド藤江。
レジャランの本店がここにあります。
尚、こちら別館。
大型筐体が多い感じ。
本館には、アーケードがたくさん。
なかなか都会でもないぞ。
このラインナップ。


そんなわけで、北陸で食べたものを

・もりもり寿し


DSC_3867.jpg

金沢といえば、回転ずし。
全国屈指の激戦区で、クオリティの高さも全国屈指。
ノドグロも欲しかったけど、今回は見送り(予算の都合)
会計は、1800円程。
尚、オラの隣の人は10000円頼んだらしい。


・宴会


DSC_4162.jpg

レジャランカップの後は、隣の宴会。
なんと、QMA大会の後に宿泊施設で宴会、泊まることもできてしまうのです。

そんなことで、一泊、雑魚寝。
少しお金出せば、ゆめのゆホテルにもとまれます。


・鴨そば

DSC_4223.jpg


2日目、ラストは金沢駅の駅ビルで鴨そば。
そのご、新幹線で地元へ。
北陸のメシはうまかった。




・おまけ


DSC_3874.jpg

ミント(デュープリズム)

とりあえず、44回目。
今回やるのはマヤのお姉さんです。(マヤって、度々いろんな場所で使われます、マヤの一生とか)
とはいえ、これだけじゃ、なんのことやらで。
デュープリズムってゲーム、結構根強い人気ほこってますね。
3DアクションRPG。
ルウ(男)とミント(女)の2人の主人公から選んでゲームを進めるわけですが、ルウはシリアスタッチなのに対し、ミントはコメディタッチ。
当時のスクウェアにしては遊びやすいゲームでありました。

両方でクリアすれば、ちょっとした真エンディングもあるのですけどね。



・データ


IMG_20171124_173739.jpg


【登場作品】デュープリズム
【名前】ミント
【武器】リング
【会社】スクウェア





・ストーリー


DSC_3731.jpg


ミントサイドのストーリーで。

東天大国の王女・ミントの目の前のテーブルにご馳走が並ぶ。
しかし、食べようとしたその時、妹のマヤらが現れ、ミントに王女クビを言い渡す。
大嫌いなカボチャに追われ、王女の地位を失ったミントは、家出をし、「遺産」を手にすることで、

(尚、ルウは別の理由で遺産を手に入れようとし、ミントと合流する。)


・ゲーム中の性能


ほぼ同じルートを2人の主人公が辿るが、モンスターに変身できるルウとは性能が異なる。
ミントは変身はできない代わりに、リングを用いた直接攻撃の他、魔法が使える。
魔法の際に消費するMPは、モンスターを叩く等で回復する。
またダメージ受けると、たまに最大HPが上がることもある。


・思い入れ


DSC_3736.jpg


豪勢な家を(世界を支配するために)飛び出し、度々地団太を踏むし、荒くれな性格。
言動だけでなく、動きでもお転婆ぶりを魅せられる少女。
そして、ルウ達と共に冒険することで成長する姿、でも、強烈なとび蹴り。
一挙手一投足にわざわざ心を打たれる。
とはいえ、ルウ編でもミント編でも100%シリアス、ギャクタッチということでないけど。
ルウにしても、世界の破滅だとかのシリアスすぎる方向には行かない・・・きっと。

ゲーム自体は、難易度も(一部、ボスの攻撃方法がわかり辛い所があるが)手頃。
動く岩同士の飛び移りとアクションの醍醐味も味わえる。
なにより、化け猫も出てくるメルヘンでかわいらしい世界観。
多くの名作を送り出したスクウェアでも、やや扱いの小さかった作品は、グラフィック向上に伴うリアル志向とは対極にある存在。
だからこそ、存在感がしぶとく光り輝いてるのだろうか。
90年代最終盤に時代の荒波に生み出された「遺産」である。

ゲームパニック甲府に行ってきました(賢竜杯地方予選)

先日、秩父、そして山梨県まで紅葉を見に行ってきました。
紅葉シーズンにはちょっとおそめだけど、国道140号線の景色が好きなので、行ってみることに。

車を走らせて…

DSC_2438.jpg


道の駅より




DSC_2439.jpg

ループ橋、ここは特にお気に入り。



雁坂峠のトンネル(有料道路)を抜け・・・山梨県に突入。




DSC_2442.jpg

そして、甲府市内に面白そうな建物があったので入ることに。(あ



ゲームパニック甲府、2階建てで1階にゲーム、2階にメダル。
1Fゲームは、なぜかディシディア推し!



そんなわけで、ゲームパニック甲府大会
尚、賢竜杯というQMA大会の大規模大会の予選大会です。
勝ち上がれば、優勝すれば、シード権獲得となるのです。




ま、

DSC_2562.jpg


一回戦がこれじゃあどうにもならない。




DSC_2597.jpg

大会後にこの「ぼんち」という定食屋。
大盛りの定食が食べられます、このように。




その後は来た道をたどって地元へ。


賢竜杯予選

ほぼ毎シーズン行われるQMAの大規模店舗大会。
その予選を勝ち上がった者だけが立てる舞台。
こんな自分はまだ立ったことはないし、いまだ雲の上の世界だと思っている。
ただ…はやりチャレンジはしたいという気持ちは少しずつであるが芽生えてきてはいる。
なんせ、半分以上運が良かったとはいえ、G2優勝が4回w。
賢登杯を1度に2つ登ってしまったのだから…

ま、地道に目の前のことをやっていきましょうか。
そもそも日程的な意味で賢竜杯に行ける保証が無いですし。

ゲームレジェンドに行ってきました。(2017年11月)

年に2回行われる即売会イベント、ゲームレジェンドに行ってきました。
今年春に続いてやってきました。
場所は埼玉県川口駅前のフレンディア4F。

11:00に開場・・・なのですが、到着の10:20にはすでに行列が。
回を重ねるごとに参加者が増えるという話がありますし。

DSC_1717.jpg

入れたのは、11:15頃。
数列に別れてその列ごとに入場することに。

で、入場後真っ先に向かったのが、聖剣伝説2グッズの場所へ。

そして…別のサークルでも聖剣伝説グッズ買う。
そのたびに、QMAのプリム画像見せてアピール忘れず。(
他、以前からツイッターを見ている方の挨拶も行いました。

会場内はゲーム好きでごった返してました。
人気のブースでは行列もできてましたし。
試遊台や音楽のレンジCD…まだまだありましたが、混んでいたのと、次の目的のため、12:15に会場を離脱。




その後、平和島に向かうのであります。


DSC_1904.jpg

戦利品。
聖剣伝説オンリーにみえる件。
posted by サフィア at 21:00Comment(0)日記