34・フィーナ(グランディア)

ゲームヒロイン記事も第34回目ですが、結構このテーマの記事は久々。
東北行っったりその他色々あって疲れが出てましたから。

気を取り直して、今回は33回目同様大作RPGから紹介しましょう。
グランディアのメインヒロインです。
8歳の少女・スーや、謎の少女・リエーテと迷ったのですが、ここはフィーナで。(ミルダ?最初から以下略)

2Dと3D要素を融合させたグラフィック、壮大なストーリー。
これぞ王道、もっと売れてほしかったゲームの一つであります。
誤解を恐れずに言うと、「ガキっぽくてダサい」印象を与えていた感はあるのですね。
それこそ、王道RPGの良さでもあるのですがね。




・データ


IMG_20170829_212520.jpg



【登場作品】グランディア(SS・1997、PS1999)
【名前】フィーナ
【身長・体重】160cm・47kg
【武器】ムチ、短剣
【年齢】15歳
【声優】日高のり子
【会社】ゲームアーツ






・ストーリー



パームの街で元海賊の母と住む14歳の少年・ジャスティン
街の仲間とお鍋のふたを使っては、冒険ごっこ
彼の持つ精霊石は、冒険者だった亡き父親の形見。
それは、光翼人が築いた古代文明エンジュール神話に出てくるものという。
ジャスティンは、スーを連れて、近くの古代遺跡に入るが、その最深部でリエーテと名乗る少女に「東へ行きなさい」と告げられ、リエーテは消えてしまう。

ジャスティンは、海を渡り冒険することを決意。
その際に冒険者協会に所属し、プロの冒険者として活動するフィーナと出会う…。






・ゲーム中の性能



戦闘では、一定空間にキャラと敵が散らばり、行動順が来たらコマンド入力で行動開始。
通常攻撃のコンボ(原則二回攻撃)、クリティカル(強力な1回攻撃)、必殺技、防御、魔法、移動などを行って攻略する。

フィーナの武器は短剣と鞭。
剣や斧が装備できるジャスティンに比べると、武器よりも魔法攻撃・補助が中心になりそう。
さらに、ゲーム終盤には強力な魔法を覚えることもできる。

アイテムであるマナエッグを使い、4種類(水・風・土・火)の属性のレベルを上げて魔法を習得。(属性攻撃の必殺技も)
2種類の属性を組み合わせた魔法(森・爆裂・氷)も存在。(取得魔法はキャラで異なる)

尚、ゲーム中はジャスティン、フィーナ(少々の離脱あり)の二人以外は、ストーリーが進むごとに入れ替わる。


・思い入れ


IMG_20170829_212622.jpg


1997年のセガサターン発売当初、このゲーム面白そうだなとは思ってました。
ただ、当時セガサターンは持ってませんでしたが、1999年にPSで登場した際に購入、2周ほどしましたかね。
日本式RPGの魅力の一つは、主人公の成長に自分を重ねることができること、旅を疑似体験できるところ。
その点については、数々の冒険の舞台が用意されている今作は絶好の機会でありました。
ただ、人間って良くも悪くも、人間は何を言ったか、でなく、誰が言ったかを重視するのですね・・・。


フィーナについては、やはり結構好きなタイプの活発なヒロイン像。
初対面当時のジャスティンには、ひよっこ扱いの握手、でも助けられるとたちまちね・・・。
衣装については、へそ出しに腰に布を巻いた露出の高いもので、冒険する。
冒険途中でフィーナの家にはパンツを干してたり。
年頃の男の子ではいろいろ妄想が膨らむ要素がありますが、そこはグランディア、健康的に冒険は進んでいきます。
でも、魔法でのサポートは無論、冒険の際に脱出のことも考えて冒険する、頼もしい少女です。

そして、やはりでしょうか、ゲーム終盤で彼女の正体が明らかになるわけで。
愉快な敵キャラも多い今作ですが、終盤には、動植物の体内が舞台になるなど、少々の覚悟も必要になりそう。
冒険の出会い、別れ、悲劇、喜び。
多くの感情を取捨し、少年少女はまた大きくなるのです。




ところで長年の謎。
ジャスティンと出会ってすぐ、ある船を冒険する際、スーと三人で暗くせまい通路を順番に通るのですが、ジャスティンが何か触ったと思った次の瞬間・・・

「ジャスティンのエッチ!」(のあと、ジャスティンにビンタ一発)

ジャスティンはいったい、何を触ったのでしょうか(すっとぼけ)

26・ビアンカ(レジェンド・オブ・レガシー)

第26回目もまた、3DSからの紹介。
当初は恋愛ノベルをやろうかと思ったのですが、ここにきてRPGをクリアして、新ネタができたので、2015年発売のRPGから紹介します。
主人公は7人から選べますが、とりあえずクリアしたのは、ビアンカという謎の少女。
記憶を無くして島を歩いているところからストーリーは始まります。

あ、言い忘れました、タイトルは【レジェンド・オブ・レガシー】です。
1990年代のRPGを意識した探索をコンセプトとするゲームとのことですが・・・。



・データ



IMG_20170719_010257.jpg




【登場作品】レジェンド・オブ・レガシー(2015)
【名前】ビアンカ
【武器】剣、槍、斧等
【年齢】?
【会社】フリュー






・ストーリー





10年前に突如浮上した島、アヴァロン
古の神々が残した遺産が眠ると言われているが、島内には凶暴なモンスター等の存在で、まだ探索はほとんど行われていない。
アヴァロン島南端のイニティウムの街が冒険者たちの拠点。
精霊使いのミュルス、トレジャーハンターのリベル、賞金稼ぎのオーウェン(以上男性)、錬金術師のエロイーズ、女騎士ガーネット、記憶喪失のビアンカ(以上女性)、カエル族のフィルミア、の計7人の主人公たちは冒険者たちと協力しながら島の探索を行う。

そして、ビアンカは、アヴァロン島に流れ着いた。
しかし、名前以外の記憶がない。
島を歩いていると、イニティウムの街に到着。
自分が何者かを探りたい、この島にその答えがある気がする。
穏やかな性格とは裏腹に決意は固い。




・ゲーム中の性能


特にゲームを進めていけば、7キャラの主人公の差はほとんどなくなるので、キャラ間の性能の差は少ない。(装備も共通)
初期HPが高いキャラ(ガーネット等)はガードに使える

まず、主人公1人と選ばれなかった他の主人公候補の6人のうち2人とパーティを組んで冒険をする(パーティ編成は街の宿屋で行う。)
戦闘の陣形では大まかに、アタック、サポート、ガードの3陣形のどれかに配置、それぞれにレベルが設定されていてアタックレベル(攻撃力)、サポートレベル(素早さ?)、ガード(防御力)
また、攻撃技、魔法(精霊術)にも同様に使い込むことでその陣形に応じたレベルがあがる。
新しい技、精霊術は既存の技を使うことで、新たに覚えることが出来る。
魔法は、多次元バトルとなり、その属性の精霊と契約することで魔法を使うことができる。
敵も精霊を契約するので、契約してる精霊を奪うことも戦略として重要になる。


ビアンカは7人の主人公の中では、HPが低めで、サポート向きキャラ、と思いきや、技の開発の確率が高めで、攻撃役としても使える。




・思い入れ


DSC_8585.jpg


こんな感じのキャラグラフィックでありますが、まず、クリアの感想を正直言います、きつかった!
1990年代のRPGテイストとのことですが、そういうテイストを謳うゲームって、なぜここまで鬼畜なのかと。
大体先制攻撃される、敵が団体で出現する(6から8体)、全体攻撃をじゃぶじゃぶ使われてパーティ壊滅。(そうかと思えば、弱い攻撃も度々する)
全体攻撃を覚えること、防御系の魔法を早く使うことがポイントとなる。
それでも、運が悪いと…、はい、お察し。
それでも、なんとかしてビアンカでクリアしました、プレイ時間27時間ほど。
ん、7人すべての主人公でクリアしたら、追加イベントあり?あほーーー!!


さて、ビアンカは記憶喪失の状態で旅をする、いわゆる自分探しの旅。
性格は大人し目、それでも、前に進む意志を持っている。
アヴァロン島を冒険するにつれて明らかになる、遺産の正体。
そして、ビアンカは自分に似ているあるものを発見する。

そんなビアンカはゲーム中盤には、どうやら本人も大方自分の正体がわかったようなそぶりを見せる。
それでも、戦う理由はあるのだと、ビアンカ。
彼女の居場所は、アヴァロン島にあるのか。
そして…戦いの末に得たものとは・・・。

ゲームは探索をコンセプトしている、という。
ゲームの魔法、ダンジョンの地図の作成システム、キャラクターの素性等エンディング見てなおも残る謎もある。
プレイヤーの想像に委ねるゲームでもある、というのは製作者談。
ゲームが遺産となる時代、未来人はどう、想像をふくらませるか



最後に一つ、本編とあまり関係ないネタを





















IMG_20170719_013600.jpg

青かった

12・プリム(聖剣伝説2)

聖剣伝説の初期3作品の移植版、聖剣伝説コレクション、が6月1日に発売されます。
そんな中で、第12回は、聖剣伝説2のキャラから紹介。
因みに、付き合いが長い方であれば、自分がお気に入りなキャラである、とお察しできるはず。
そう、2作目に登場した、シリーズ初のプレイヤーキャラとしての女性キャラ、プリム
なんどか、自分が「プリム」名義でQMA大会にも出没したこともあります。


IMG_20170530_131022.jpg

【登場作品】聖剣伝説2(1993年)、ロードオブヴァーミリオン等
【名前】プリム
【武器】ナックル(初期装備)等多数
【年齢】17歳
【趣味】格闘技
【身長・体重】165cm 48kg
【声優】山本希望(ロードオブヴァーミリオン)
【会社】スクウェア(現スクウェアエニックス)




・ストーリー


ランディは、普通の少年。
そんな彼が、幽霊の男と岩に刺さった剣を発見。
そして、その男に言われるがまま剣を抜いてしまった結果、世界にモンスターが発生。
住んでた村を追われ、世界復興の旅に出ることになった。


一方、パンドーラの大臣の一人娘、甘やかされて育ったため、気が強い少女と成長。
そんなプリムには、ディラックという心に決めた男がいた。
ある日、父親がお見合いの席を勝手に用意。
しかし、プリムは反発し、ディラックを求め、家を飛びだす。

その直後、聖剣を抜いた少年と出会う…。
この時、すでに、一度ランディとプリムが出会ったかそうでないかで、多少ストーリーがかわる。



・ゲーム中の性能


剣士・ランディ、プリム、妖精の子供・ポポイの3人でゲームを進める、アクションRPG。
ランディは、魔法は使えないが、直接攻撃が強い。
ポポイは、攻撃力が低いが、攻撃魔法が得意。
そして、プリムは、回復、補助系の魔法を使うバランス型。
中でも、ヒールウォーターという回復魔法はゲーム中最も重宝するだろう。

3人とも8種類の武器が使え、武器レベル分、より強力なタメ攻撃ができる。



・思い入れ


_20170924_134608.JPG


「あ、この前のマヌケ男」


個人的に、それまで、ゲームの女性キャラは、大人しい後衛キャラという固定観念があったのですね。(当時ドラゴンクエスト4は未経験)
そんな中で、こう主人公の少年をぐいぐいひっぱる、マヌケ男と言い張る少女って結構新鮮に映ったのですね。
A・RPGという、直接操作して戦うゲームという部分もあるけど。
初期装備はナックル、ランディと共に、ラビやハチを殴るけるアクションは、痛快。


服装は、下半身はしっかり着込んでいる一方、何気に胸元が見え、背中もそれなりに広く開いてる、ちょっとセクシーな衣装。
そのわりに胸揺れネタがほとんど見られないのは、かわいらしい外見、ドット絵のためか、作品の雰囲気か。
でも、聖剣伝説の女性キャラって、意外とセクシーなのが多いのですね。

そして、ディラックへの一途な想い。
ランディがクリスというレジスタンスにいい男を見せようとすると、すねるプリム、それを笑うポポイ。
表情豊かな女の子なのだ。
格闘技が趣味でお転婆なプリムだが、よく考えれば、一般の女性。
聖剣伝説シリーズのプレイヤーキャラは、特別な運命を背負った、あるいは戦いを生業とするキャラが多い中、一般人ながら危険な戦いに身を投じる。
恋の力は無限大なのか、でも、(ストーリーによっては、ウェアウルフに捕まったり、結構調子のいい人だ。)

聖剣の勇者として世界を救うランディ。
帰る場所をなくした妖精の子供・ポポイ。
一方、プリムは、恋人を追って戦いに身を投じる。
思いは三者三様だ。
しかし、いつしか、その3本の線は交差する。
特に最終盤のストーリーの盛り上がりは特筆すべきもの。
可愛らしい外見と重厚なストーリー、聖剣伝説コレクションで、読みがえり、他のゲームにもコラボ参戦。
ワガママプリムのおバカなランディとおチビちゃんのポポイとの旅はまだまだ終わりそうになさそうだ。

2・フィーネ(紅の海2)

第2回は、つい最近クリアしたゲームより。
いきなり攻めますよーー。
紅の海2というアクションゲームより、フィーネ


フィーネ1.jpg


・データ


【登場作品】紅の海2(2004年)
【名前】フィーネ
【武器】銃&剣
【会社】光栄(現・コーエーテクモ)

年齢、身長等は不明。
作中、全キャラで英語で喋るが、CVの確認できず。

・ストーリー

フィーネ2.jpg


XBOXで発売されたSF系アクションアドベンチャー『紅の海』の続編。
男性主人公のショウが任務中に出会い、以降ゲームの中盤から使用可能になる謎に包まれた少女。
考古学者の弟子らしい、ちょっと露出の多い姉ちゃん。
世界を救う最後の兵器として期待されている。
各地区に現れたメナス(敵)討伐をショウとともに行う。
(尚、ストーリー本編で2人プレイはできない。マルチプレイは、別のモードでのみ可能)


・ゲーム中の性能

レベルアップ制の3Dアクションアドベンチャーゲーム。(A・RPG?)
右手に銃(ワイヴァーン&トリニティ)、左手に剣(アルテミス)を携えて任務にあたる。
ワイヴァーンは、連射&射程距離に優れ、トリニティは、威力に優れる。
特に男性主人公のショウとの性能の差はない。
操作する限りでは、身体能力は結構高い。
ジャンプ力も高く、素早い緊急回避もあり。


・思い入れ


フィーネ3.jpg

フィーネ4.jpg

フィーネ5.jpg


フィーネ7.jpg

フィーネ8.jpg


こういうナイスバディな女の子で大暴れするって気持ちいいですねえ。
可愛いというよりは、妖艶で、結構気の強そうな面構えですが・・・案外ショウのことがお気に入りかも。
ヒップライン、ボディラインのはっきりしたワイルドな服でメネス討伐。
メナスがワラワラ登場することも多く、序盤から一部屋内での300体の雑魚メナス討伐をすることになったり。
そのあたりで、戸惑ったこともあったけど、ゲーム自体は、レベルアップ性で、回復アイテムを使ってごり押しすれば、ノーマルモード(難易度選択あり)は大丈夫だと思います。