34・フィーナ(グランディア)

ゲームヒロイン記事も第34回目ですが、結構このテーマの記事は久々。
東北行っったりその他色々あって疲れが出てましたから。

気を取り直して、今回は33回目同様大作RPGから紹介しましょう。
グランディアのメインヒロインです。
8歳の少女・スーや、謎の少女・リエーテと迷ったのですが、ここはフィーナで。(ミルダ?最初から以下略)

2Dと3D要素を融合させたグラフィック、壮大なストーリー。
これぞ王道、もっと売れてほしかったゲームの一つであります。
誤解を恐れずに言うと、「ガキっぽくてダサい」印象を与えていた感はあるのですね。
それこそ、王道RPGの良さでもあるのですがね。




・データ


IMG_20170829_212520.jpg



【登場作品】グランディア(SS・1997、PS1999)
【名前】フィーナ
【身長・体重】160cm・47kg
【武器】ムチ、短剣
【年齢】15歳
【声優】日高のり子
【会社】ゲームアーツ






・ストーリー



パームの街で元海賊の母と住む14歳の少年・ジャスティン
街の仲間とお鍋のふたを使っては、冒険ごっこ
彼の持つ精霊石は、冒険者だった亡き父親の形見。
それは、光翼人が築いた古代文明エンジュール神話に出てくるものという。
ジャスティンは、スーを連れて、近くの古代遺跡に入るが、その最深部でリエーテと名乗る少女に「東へ行きなさい」と告げられ、リエーテは消えてしまう。

ジャスティンは、海を渡り冒険することを決意。
その際に冒険者協会に所属し、プロの冒険者として活動するフィーナと出会う…。






・ゲーム中の性能



戦闘では、一定空間にキャラと敵が散らばり、行動順が来たらコマンド入力で行動開始。
通常攻撃のコンボ(原則二回攻撃)、クリティカル(強力な1回攻撃)、必殺技、防御、魔法、移動などを行って攻略する。

フィーナの武器は短剣と鞭。
剣や斧が装備できるジャスティンに比べると、武器よりも魔法攻撃・補助が中心になりそう。
さらに、ゲーム終盤には強力な魔法を覚えることもできる。

アイテムであるマナエッグを使い、4種類(水・風・土・火)の属性のレベルを上げて魔法を習得。(属性攻撃の必殺技も)
2種類の属性を組み合わせた魔法(森・爆裂・氷)も存在。(取得魔法はキャラで異なる)

尚、ゲーム中はジャスティン、フィーナ(少々の離脱あり)の二人以外は、ストーリーが進むごとに入れ替わる。


・思い入れ


IMG_20170829_212622.jpg


1997年のセガサターン発売当初、このゲーム面白そうだなとは思ってました。
ただ、当時セガサターンは持ってませんでしたが、1999年にPSで登場した際に購入、2周ほどしましたかね。
日本式RPGの魅力の一つは、主人公の成長に自分を重ねることができること、旅を疑似体験できるところ。
その点については、数々の冒険の舞台が用意されている今作は絶好の機会でありました。
ただ、人間って良くも悪くも、人間は何を言ったか、でなく、誰が言ったかを重視するのですね・・・。


フィーナについては、やはり結構好きなタイプの活発なヒロイン像。
初対面当時のジャスティンには、ひよっこ扱いの握手、でも助けられるとたちまちね・・・。
衣装については、へそ出しに腰に布を巻いた露出の高いもので、冒険する。
冒険途中でフィーナの家にはパンツを干してたり。
年頃の男の子ではいろいろ妄想が膨らむ要素がありますが、そこはグランディア、健康的に冒険は進んでいきます。
でも、魔法でのサポートは無論、冒険の際に脱出のことも考えて冒険する、頼もしい少女です。

そして、やはりでしょうか、ゲーム終盤で彼女の正体が明らかになるわけで。
愉快な敵キャラも多い今作ですが、終盤には、動植物の体内が舞台になるなど、少々の覚悟も必要になりそう。
冒険の出会い、別れ、悲劇、喜び。
多くの感情を取捨し、少年少女はまた大きくなるのです。




ところで長年の謎。
ジャスティンと出会ってすぐ、ある船を冒険する際、スーと三人で暗くせまい通路を順番に通るのですが、ジャスティンが何か触ったと思った次の瞬間・・・

「ジャスティンのエッチ!」(のあと、ジャスティンにビンタ一発)

ジャスティンはいったい、何を触ったのでしょうか(すっとぼけ)

この記事へのコメント