32・アリス(ロンドニアンゴシックス・迷宮のロリィタ)

第32回目は変わり種のゲームです。
屋敷の少女を主人公にしたアクションRPG、ではあるのですが。
ゴシック調の世界観でおどろおどろしいモンスターを踏みつけて倒す、そして主人公はゴスロリ服に着替えて迷宮を突き進む。
そんなロンドニアンゴシックス・迷宮のロリィタの主人公、アリスです。



・データ


IMG_20170701_022434.jpg





【登場作品】ロンドニアンゴシックス・迷宮のロリィタ(2005)
【名前】アリス
【会社】メガサイバー



・ストーリー


ロンドンのある屋敷に住む少女・アリス。
ある日、父親のナボコフが怪物にさらわれてしまい、屋敷の地下に助けに行こうとする。
しかし、メイドのルシールに無駄だと言われてしまう。
執事のミヒャエルの手伝いもある中、アリスは、屋敷の迷宮の奥深くに向かう。




・ゲーム中の性能




まず基本的にアリス自身に戦闘能力はありません。
パックマンの要領で、ゲーム中は、とにかくモンスターから逃げる。
モンスターにあたると一発アウト、ライフが1つ減りエリアの最初からやり直し。
ライフは最大5あり、0になったらゲームオーバー。
但し、アリスの屋敷に戻ればライフは回復する、(なので、ライフは残機のイメージ。)

しかし、アリスはゲーム中に手に入るドレスを着ることで、特殊能力を得られる。
稲妻をおとして敵の動きを止める、ワープして敵の攻撃を回避する等。
ドレスは、フロアで手に入る材料を拾い、フロアにあるミシンで作る。

さらに、フロアのどこかにある、「ボアムダン」を破壊すれば、そのフロアのモンスターが動かなくなり、その際、アリスはモンスターを踏みつけて倒すこともできる。



・思い入れ


IMG_20170701_022400.jpg

実はプレイしたのは、発売して数年後のこと。
とはいえ、それでも異彩を放ってましたね、ゲームショップでも。
ゴシック調の世界観にしかし、激しいギターが鳴るOP画面。
結局それほど売れなかったゲームだそうです。
アクションRPGを期待して買ってみても、アクションRPGの要素はほとんどなく(レベルアップ要素はない)、ドレスの素材を買うくらいか。
そんなアリスは意外と表情豊か。
驚くとギャクマンガのような表情を見せる。
そして、心の奥底から叫ぶ言葉、

「あたしじゃなきゃ、だめなのよー!」

果たして、最大の父を助けることができるのか。
そんなアリスに通称毒メイドのルシールがしょっちゅう無駄だというのですが、その際には決まって

「フフフ フフフフ、ケーッケッケッケッケッケ・・・」

と毒メイドは笑うのです。

探索フロアは全部で地下30階。
最深部にラスボスが控えてるが、そのラスボス戦だけ、多少アクションRPGらしい戦闘となる。
終盤に見せるに意外な展開も注目なロンドンの屋敷での戦奇譚。
ゴシック世界の地下室の向こう側に浸ってみるのもいいかもしれない。

この記事へのコメント