栃木レジャーランド足利店に行ってきました。

7月29日は、栃木県足利市の栃木レジャーランド足利店に行ってきました。

DSC_0353.jpg

以前書いた通り、7月30日を最後にこの店は閉店。
移転という触れ込みでありますが、現段階ではどうなるかわかりません。(水面下では動いている?)

29日はQMA大会が実施。
この店では、最後の大会となり、今までも多くの人数が参加してきました。
そして、この日も47名、近隣でもQMA大会などありましたが、多くの参加者が集まりました。

開始13:00ですが、着いたのは、午前中。
個人的には車で1時間で行けます。
大田桐生インターチェンジからほど近く、東武鉄道の野州山辺駅から歩いて5分ほど。

で、お昼に向かったのは、



DSC_0338.jpg

そば処・ふじくら!

LL足利より西に車で3、4分ほど。
交差点過ぎると、いきなり長閑になったけど、そこに蕎麦屋があります。

DSC_0344.jpg

900円のそばセットです。
足利の蕎麦協会ってあるのですねえ。




IMG_20170729_104844.jpg

新システムを利用してサフィア(ユリ)から、プリム(シャロン)に変更して最初の大会でもありました。
元ネタは、無論、聖剣伝説2のあの娘ですね。
昔から好きな活発なポニテっ娘!

で、大会は、あっさり1回戦落ち。
47人参加の大会も午後5時に終了。
数々のドラマを生んだQMA大会会場も、閉幕。

実働4年ほど、早すぎる閉店でした。

大会後は徒歩で行けるジョイフルのち退散。
実は翌日にも出かけたのでありますが、それはまた後程。

28・伊藤沙絵(後夜祭)

第28回目は恋愛シミュレーションより紹介。
ところで、高校時代の思い出と言えばなんですか?
部活動に青春ささげたもの、赤点を恐れたテスト勉強、春眠暁覚えずな日々の授業。
それとも、文化祭?
クラス皆で看板造って材料買って、そしてつくった出し物。


そんな高校の文化祭をテーマにしたゲームが、PS(プレイステーション)で翔泳社から発売された後夜祭
合計で女性5人の恋愛、男3人の友情が展開される中で(他にもサブキャラも登場するが、サブキャラとのエンディングは無い)、紹介するのは、伊藤沙絵という無表情な女の子。
意外なキャスティングと言われた折笠愛さんの演技も相まって、心を開く姿に引き込まれた人もいるのではないでしょうか。




・データ



DSC_9779.jpg





【登場作品】後夜祭(1999)
【名前】伊藤沙絵
【声優】折笠愛
【身長・体重】155cm・42kg
【趣味】読書
【会社】翔泳社、アストロビジョン










・ストーリー




高校3年の10月。
主人公(男)のクラス3年A組では、11月の頭に行われる文化祭に向けてクラスの出し物を考えてました。
模擬店にするか、それともお化け屋敷にするか。
文化祭メンバーは、委員長の細川郁美、学園のアイドル・片山さゆり、幼馴染の橋本理佐
そして、田中裕太鈴木悟主人公の6人。
期日までに多数決で模擬店にするか、お化け屋敷にするかを決める。(尚、主人公含めた6人で多数決、ということは・・・)

3年A組の出し物は果たして成功するだろうか。
そして、文化祭の後に行われる後夜祭にて、主人公の隣にいるのは・・・。


そんななかで、A組の教室で今日も1人で弁当を食べるのが伊藤沙絵。
いつも無表情で目立たない女子高生は、ある日、クラスメートに文化祭の勧誘をうける。



・ゲーム中の性能


DSC_9771.jpg


3年A組の生徒だが、文化祭メンバー初期の6人には含まれていない。
準備が忙しくなった10月第1週に、主人公が一人で弁当を食べている伊藤沙絵に声をかける。
その時に文化祭の準備に誘うかどうかの選択肢が現れ、勧誘に成功すると、文化祭メンバーとして加わる。(他に、池田理恵子、竹下翔が同様に途中参加の選択肢が現れる)


文化祭の準備内容は6項目あり、主人公以外のメンバーがランダムに配置され(最後に主人公がどこに入るか選ぶ)、人数が多ければ、作業も進む。(なので、3人勧誘できれば後は適当にやれば、成功はする。)
また、主人公と二人きりで作業することができれば、好感度もあがってくる。
好感度については、昼休み、下校時に話や休日の誘い等で上げることができる。


・思い入れ


IMG_20170727_175209.jpg

普段は口数は少なく、内気な女の子。
そして、「私は何もできない。」としきりに言う。
しかし、主人公が誘い、一緒に作業し、一緒に話していくうちに…。
静かながら、自分の思いを伝える沙絵。
下を向いてそうな人も、声をかけられるとうれしいものです
物静かな人も、声をかけてみるのもいいものであります。
仲良くなると、休日デートもあったり、水着姿も披露したり。
いちゃいちゃするでなく、口数少なくても一生懸命思いを伝えながらのデートもいいですね。

ゲーム自体は、恋愛SLGでも遊びやすく、クリアも狙うキャラを追いかければとりあえず、エンディングには到達できるだろう。
たまに、高校の限られた思い出に浸りたいものです。

レアマトリックス松戸に行ってきました。その2

7月22日は、レアマトリックス松戸に行ってきました。
レアマトリックス松戸に行ったのは、これで3か月連続、しかし、今回のアニメ&ゲームの大会が本命と言えば本命。
ただ、最近は、アニゲの予習は控えめ。
匠竜杯がないとのことで、アニゲのモチベが上がってこないのですね。
もしかしたら、ここを逃すと関東のアニゲのQMA大会はもう無いかも…。

そんなわけで、例によって車で松戸市へ。
高速道路は使わず。



そして、先月行けなかった・・・。


DSC_9120.jpg


そば処「よし田」!

北小金駅より、南東に10分ほど。
国道6号線の北小金駅入り口北西に曲がって数分。
3年前に初めてレアマト松戸に行ってから何度か訪れてます。
今回は、肉蕎麦をチョイス。
地域密着型のそば屋もいいですね。


QMA大会は、13:00スタート。

尚、大会は・・・
9人参加で準決勝敗退。


大会後は、恒例となったジョナサンで色々。

そんなわけで、お疲れ様でした。


DSC_9213.jpg

あれ?

27・メイ(リトルマジック)

魔法学校は時として壮大なジュブナイルの舞台となりますねえ。
とはいえ、今回は小さな冒険ではありますが。
さて、第27回目、は小さな魔法、リトルマジック(LITTLE MAGIC))というSFCのパズルゲームより紹介。

特定の物(魔法石)を特定の場所に移動させた後に、ゴールを目指す、倉庫番タイプのパズルゲーム。
尚、リトルマジック、というゲームタイトル。
全く同名のゲームがファミコンでデータイーストから出てますが、それはゲームタイトル以外は全くの別作品のシミュレーションゲーム。
さらには、ゲームボーイカラーには、SFCのリメイクのリトルマジックが発売されています。
また、今作は、もともと海外(アメリカ?)のゲームとのことです。


・データ


DSC_9105.jpg






【登場作品】リトルマジック(SFC・1993。GBC・1999)
【名前】メイ
【特技】念動力、魔封球
【会社】アルトロン







・ストーリー



見習いの魔法使いなメイは、魔法学校に通ってました。
そんな魔法学校もいよいよ卒業試験の日。
先生に連れられ全部で100に及ぶステージクリアを命じられたメイは、果たして無事に卒業を迎えられるでしょうか。



・ゲーム中の性能


倉庫番タイプのパズルゲーム、そこに魔法世界要素も入ってくるゲーム。
メイが使える魔法は、物体を前に動かす念動力と、自身が作り出す魔封球の2種類。
念動力で、魔封球と魔法石を前に動かすことがでる。
魔法球は、メイが作り出す魔法の球で、魔法球が弾けると、その勢いで1マス物体を移動させることができる。
魔法球の大きさは3段階あり、時間が経つと大きさが代わり、地上では球が一番小さくなると、溶岩上では逆に大きくなり、最大になると破裂する。

尚、フィールドには敵キャラもおり、当たると、一発アウト、残機が減る。
同様に、障害物もあり、その方向にしか進めない矢印、スピードが遅くなる荒地、魔法が使えない床も登場する。



・思い入れ


IMG_20170721_160317.jpg

この手のパズルゲームは、終盤が本当に難しい。
序盤は、ほんとチュートリアル同然だけど、後半はホント、複雑怪奇。
最後の10ステージ程は、1ステージだけで、30分以上はかかったかも。

ピンクの髪に緑のローブ、魔法使いのヒロインとしては、オーソドックスな格好。
ただ、顔のデザインはやや癖が強いかも。
やはり海外のゲームは日本とは美的感覚が違うのだろうか。
某RPGの海外版のイラストが妙に濃かったりしますね。

GBでリメイクされた際は、メイは少し垢抜けており、おっちょこちょいな部分が押されている。
日本の美的感覚と、ほんわかしたゲームの難易度の間隔を確認する機会にもなった。
魔法学校の卒業は簡単にさせてくれそうにない。

ラウンドワン上尾店に行ってきました

7月16日はラウンドワン上尾に行ってきました。
例によってラウンドワンカップ、のQMA大会。
国道17号を南下して上尾市役所の交差点を北上。

ガンセンター付近を左折して到着。


DSC_8489.jpg

上尾駅からはそこそこ広いので、シャトルバスか車で行くような場所でしょうか。
立体駐車場もありますし。
併設にビッグボーイもありますが、自分が行ったのは…


DSC_8479.jpg

そば処・北の下!
ラウンドワン上尾から北東に車で数分。
上尾市の福祉センターの近く。

鳥てん・ぶっかけそば(1000円)をオーダー。
美味しかった・・・けど、わさびが入っていたとは・・・
店内は靴を脱いで入店、何室化に別れていて、数室内に席があります。


そして、ラウンドワン上尾のQMA大会。
参加者は13名。
同日には、愛知で賢央杯の本戦がありましたが、こちらはこちらでやりましょうか。


DSC_8505.jpg

色々運が向き、4位となり、2度目の入賞。
とはいえ、優勝は遠いのお。

その後は、同日夕方18:00開催のレジャーランド藤岡のQMA大会に向かうのですが・・・

珍しく関越自動車度の東松山インターから高速道路利用したのですが。

上里にて豪雨!

事故るパターンだこれ、てぐらい前が見えず、落雷は見えるはで。
17:40程に到着、尚、人数制限について参加ならずでした。
なんでも、上尾市内ではその時間に強風の影響でお祭りでけが人が出たとのことですし。
正直、藤岡に無事に着いただけでよかった、というのが正直なところでした。

QMA大会を見学して退散。
また、LL藤岡では、8月27日、18:00にQMA大会を行うとのことです。(人数制限24名まで)